40代のダイエット 食事は炭水化物のとり方を見直すべし

ラーメン・パスタ・ご飯炭水化物が大好き!
ダイエットの天敵と思われがちな炭水化物。炭水化物と言えば、人間にとって主要な栄養素の一つで多くの糖質と食物繊維から出来ている、エネルギーを作り出す大事な栄養素。炭水化物をダイエットの敵と考えるのは宜しくないはずだ。

炭水化物ラーメン

でも、その糖質いっぱいの炭水化物をお腹いっぱい食べてたら太るのは当たり前。
40代にもなって、モリモリとご飯や小麦系の料理食べてたら、よっぽどの運動量や超人並の基礎代謝力を持っていないと、予備燃料の脂肪として付いてくるのは分かってはいる。
分かっていても、白米は当然の事、ラーメンやパスタ大好きで、ダメと思えば思う程に恋しくなる、食生活は若い頃と変わらなずな40代。おまけにお酒はドンドン強くなっていく始末。

寝る暇も惜しんで運動したりオールで遊びに行っていた20代や30代の頃とは違う。基礎代謝力も全然違っているだろうに。

40代になった俺はデスクワークがメインだから、昼にコンビニ弁当と夜に脂っこい食べ物プラスお酒を飲んでいれば、そりゃーアウトな体になるのは当然…そのくらい頭では分かってはいるが、定期的に欲求によって自制力が遮断される仕組みになっているらしい。

炭水化物ご飯

炭水化物は昼間に取ればいいよ!
とも言われる…
分かってはいるが、夜になると一段と恋しくなるのが炭水化物とお酒じゃーないか!!

そんな欲求に全く勝てる気がしない俺も自分なりに情けなくなったので、ちょっと俺なりに考えてみた。
その対策を書いてみる。

40代になってから考えた遅めのダイエット中の炭水化物(糖質)の取り方

  • 夜ラーメンなど炭水化物は控え、日中は気にしないで食べる(メリハリ食)
  • 夕飯の時、白米は小さなお茶碗にする

夜遅くに炭水化物は口にしない

夜のラーメンはデブの元

朝から夜20時位までは炭水化物を取っても良い事にして、それ以降は炭水化物を取らない事にした。

麺類大好きなだけに、余り厳格なダイエットプランをしても三日も持たないので、炭水化物制限時間を設けメリハリがある食事を心掛ける。それだって夜中になると無性に恋しくなるラーメンを我慢するのは辛い。

俺が決めるダイエットルールなだけに、
かなり緩々な設定だけど、初めからストイックなルールで縛っても続くわけが無いので、これで良いんです!

この夜間炭水化物抜きを始めて数ヶ月経っている現在、これはダイエットをする人には大事な事だと実感している。

考えてみれば単純な事。
もう暫くすれば就寝するのだから、大したエネルギーを取る必要はないはず。無駄に取っても脂肪に回されるだけと思えば、夜の炭水化物は控えるべし。

しかし、夜になると恋しくなるラーメン、カップラーメンだって同じこと。
あとは寝るだけなのに、シッカリした物が食べたくなるのは何故なのか分からないけど、癖になっていた俺にとって脱夜炭水化物の禁断症状は暫く続いた。
どうしてもお腹が空くと、全然心が求めていないが冷奴を食べるのだけど、満足もしないのが苦しい。

夕飯の時、白米は小さなお茶碗にする

これは以前、TVか何かで知ったダイエット方法で、お茶碗を小さめにする事で食べる量を減らす事。お茶碗だけでなく、全ての食器のサイズを今よりも小さめにする事で、全体の摂取カロリーを抑制する事も可能。

人間は単純な生き物なのか、これも使える方法だと思う。目で見て分かる減量は辛さを増進してしまい、それが食べれないストレスになって苦しくなる。

だから、サイズが違ってもお茶碗一杯は一杯なので、食べ足りないと思った時はおかわりすれば良いと考えていると、意外と小さなお茶碗一杯で済んでしまう時も多々ある事が分かった。

これもダイエットには効果的な方法だと思う。慣れてさえしまうと、余り辛い感じもない。因みに、ご飯は少なくしたが、その他のおかず類は沢山食べている。

40代の炭水化物制限ダイエットの取り組みまとめ

ダイエットに詳しい人から見れば、俺のやっている炭水化物制限ダイエットなどアマちゃんレベルだと思う。でも最初はこの位から始めて、効果が現れてくればモチベーションも上がってくると思うから、そこからより濃くしていけば良いんじゃないかなと思う。

俺は炭水化物抜きだけじゃなく、その他のカロリー制限もしているし、運動もしているので、全体的に少しずつ削って行けたらいいかなと思っている次第。

結果は、洋服がブカブカになってるのが分かる程に絞れた。でもお腹とか太ももは相変わらずだらしがない状態。

体全体は絞れて来たのは分かるんだけど、落ちづらいと言うか、元々沢山の脂肪が付いていた部分は、もっとハードな取り組みが必要なのか、時間が必要なのかって感じですね。

AD広告

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ